専業主婦も立派な仕事。

12月 13th, 2014

専業主婦を職業に入れてもいいのかな?と思いましたがあえて職業とさせていただき何故私が専業主婦を通しているかお話します。
私は昔気質な父親のいる家庭で育ちました。母はそんな父親ですから良妻賢母というのにふさわしい感じの人でいつも父親におとなしく従っているような人でした。なので私も小さな頃からそんな母親を見て育ちましたので、いつか私も母親のような女性になりたいと思っていましたし母を尊敬していました。実家は自営業のため母親は専業主婦ではありませんでしたが、それでも仕事の合間に私たち兄弟の面倒を良く見てくれた人だと思います。
そんな私が14年前に選んだ結婚相手は父親とよく似たタイプの性格の人でした。主人も父親と同じように古い考え方をする人なので、男は外で家庭を守るために働き、女は家庭で家族を守るといったことを望む人でした。なので私たちは結婚当初からそのようなスタイルを守り続けています。

結婚をしてからすぐに子供が欲しいと主人と話をして子供を作ることに・・・しかし1年経っても2年経っても子供を授からなくて、婦人科を受信したら不妊症という診断結果が出ました。どうしても私たちは子供がほしかったのですが、私たちが子供を授かるには体外受精しかないといわれ、体外受精となると、100%妊娠する確率はないけど、高額なので、本当に悩みました。実際それほど貯金があったわけでもなかったですし、貯金を全額使うわけにもいかなかったので。そこで話し合って、不妊治療ローンっていうのを利用して治療をすることにしました。

子供が二人おりまして、子供たちの教育やお世話はほとんど私一人で担ってきました。子供たちの面倒を見るのは時には大変なことも多いのですが、いつも近くにいられて子供たちのお世話をできることは逆に言えば子供の成長を一番近くで見られるということですので、それ程苦に思ったこともなく現在に至ります。そういうわけなので主人は子供たちと遊ぶ程度で子供たちのお世話は子供たちが幼い頃からしたころがありません。
現在子供たちは小5と小3になりました。上の長男は現在中学受験を希望しているために小4から受験勉強をしております。そんな長男の塾の送迎や説明会や模試への参加など、私がすべて担当しています。子供の一番近くで応援できるのは専業主婦ならではの特権と思い日々一緒に頑張るこの頃です。専業主婦は縁の下の力持ち、家庭を円滑で幸せにするために大切な職業であると私は自負しています。自立心と責任感を持って励むのであれば、専業主婦もれっきとした職業と断言できるかと思います。

 

 

ドラクエ3

1月 20th, 2014

最近ドラクエにハマってます。

しかもドラクエ3。今さら!?って感じですよね。

今までドラクエシリーズは全部やってきたんですが、個人的に3が一番好きですね。

名作とも言われていますもんね。

確かドラクエ3が発売されたのが今から25年ぐらい前で、私は当時小学生でした。

小学生の頃でも楽しかった思い出があるんですが、大人になった今でも楽しめるゲームって凄いですよね。

最近のドラクエシリーズより、昔の方が面白く感じますね。

 

私の趣味は園芸です

12月 27th, 2012

私の趣味は園芸です。庭に出ている時間が一番幸せな時です。1年中ほとんど庭仕事をしています。わが家の庭は結構広いので、いろいろな草花を植えています。

最近は山野草に凝っていて近くの園芸店でめずらしい品種を見つけるとつい買ってしまいますね。込み合ってくると間引きをしたり支柱をたててあげたりと、園芸はすることがいっぱいあるのです。しかも四季関係なく仕事があります。

家のまわりがすべて庭になっています。玄開のアプローチからメインの庭。裏口への通路。坪庭。などなどコーナーで庭の雰囲気も替えています。玄関には明るい花たちが植えてあります。これは四季で植え変えします。

メインの庭は和風ですので山野草など自然に生えている森をイメージしています。雑草をとったり忙しいですね。通路にも下に日影でも育つキボウシなど植えていますので、株分けしたりしています。

坪庭はお風呂から見えるようにしているので掃除が大変です。こうやって私の1日はほとんど庭仕事で終了しますね。でも趣味なんで楽しいです。あっと言う間に時間が過ぎます。

今はバラの手入れの時間に追われています。来年の満開の時期を夢見て肥料をやったり消毒したりしています。園芸が私の趣味なんです。

趣味がほしくて始めたフラワーアレンジメントがライフワークです

12月 26th, 2012

趣味はなんですか?って聞かれるとフラワーアレンジメントですって答えてます。 趣味って改まって言うと恥ずかしいのですが、もう15年ぐらいになります。

はじめは「何か趣味をもとう」と思って始めたフラワーアレンジですが、何となく資格も取って、先生が教室を閉じられてからも、同じ教室だった方々をサークルを開いて、何人かと中心メンバーとして活動してます。

月に1・2回は皆で集まって活動しています。 フラワーアレンジは、平凡ですが、季節の花を使ってアレンジするのが楽しみです。 そして花同士の色や形の組み合わせもいろいろあって、面白いのです。

特にハロウィンやクリスマス、お正月などのイベントの時は特にデザインを考えるのが楽しいんです。スケッチを書いたり、サークルの友メンバーと「あーでもない、こーでもない」って話したり、お互いに案を出し合い、実際にアレンジしてみて、上手くいくといかないとこを見つけて、また次回に生かして…の繰り返しです。

他の人の作品を見ても、アレンジって本当にいいなぁって思います。 サークルの中心メンバーとして活動を始めて6年になりますが、近頃は「次の課題はどうしよう?」「デザインは何にしよう?」「花材は?」なんてフラワーアレンジのことばかり考えています。 もう趣味っていうよりライフワークかもしれませんね。

読書と映画鑑賞

12月 25th, 2012

幼い頃から現在に至るまで、私の一番の趣味は読書です。

幼少期に母が本を読んでくれて、また私が成長するにつれていろいろな本を買い与えてくれたのです。

昔ですので、さほど娯楽もなく私は本を読むことが大好きな少女に育ちました。

母が最初に読んでくれていたのは「アルプスの少女ハイジ」でした。

後にこれはテレビアニメでも見ることになります。

その後の人生で私は原作を先に読んでいてそれを映画で見るということが大変多くなりました。

読書と同様に映画鑑賞も趣味です。

原作を先に読んでいると映画では時間が限られるので、小説の細部を表現しきれないことに、かなり不満を覚えることがあります。

殆どの映画は原作を読んでいないので、全体的には問題ありません。

映画は今ではレンタルDVDもしくはスマホでの映画見放題などで、気軽にたくさん観ることができるようになりました。

20~30年前はロードショウで映画を観るのが好きでした。

ひとりでも観に行きましたし、デートでもよく行きました。

映画は映像と音楽を伴うことで、時に本以上に心を揺さぶり、素晴らしい感動を与えてくれます。

最近は日常生活に疲れて心がふさいでいる時など、スマホでのんびりと映画を観ることにしています。感動できる作品に出会えて涙を流すと心のもやもやが消えて行く感じがします。

お菓子作り

12月 24th, 2012

専業主婦をしています。主婦が行う作業の中でも料理は割りと興味がある方で、特にお菓子作りは好きですね。食事の用意は、日々必ずやらないといけないものなので、面倒だなぁと感じるときもあったりしますが、お菓子作りは自分が作りたいなぁと思う気分に合わせて、するようにしているので、楽しみながらやっています。 なので、一応趣味って感じですね。

高校生ぐらいから、お菓子作りに興味を持ち始めました。でも母は全くお菓子作りをやらない人だったので、教えてもらうってわけにもいかず、自分で本を見ながら作っていました。

でもコツなどは、やはりなかなかうまくつかめなかったので、学校で友達に聞いたりして、お菓子作りの基本となる事を教えてもらったり、本のコピーをもらったりして、少しずつ覚えていきました。そのへん今はインターネットがあるから便利だなぁって思いますね。

アルバイト先に、手作りのお菓子を持参したり、もちろん恋人にもバレンタインデーにチョコを手作りしたり色々やりましたね。

結婚してからは、クリスマスケーキを焼いたり、暇があれば、お菓子を作ろうかなぁって気持ちになるので、食べたいものを作ります。

基本的に洋菓子メインではありますが、満足感や達成感を得られるので、結構好きですね。

毎晩ゲームをしています

12月 22nd, 2012

私の趣味はゲームです。 数年前は休日は一日中ゲームをプレイしているなんてこともありました。

ですが、現在は子供が産まれたのであまりゲームをする時間がなくなりました。 昼間はできないので、夜子供が寝てから毎日2時間ほどですがプレイしています。

据え置き型も携帯機も両方しますが、最近は子供が夜中時々起きるため、据え置きはリビングでしかできずすぐ対応ができないのであまりしなくなりました。

どうせゲームをするなら大きなテレビ画面でやりたいですが、子供が一晩中ぐっすり眠るようになるまで我慢です。

ゲームといえば、RPGやアクションゲームを思い浮かべる人が多いと思いますが、私が好きなゲームはそういったゲームではなくシミュレーションゲームです。

戦闘がなく、まったりとスローライフを送ったり動物を育てたり町を作ったりというジャンルのゲームが好きです。 また、そういったほのぼのとしたゲームだけではなく本格的な経営シミュレーションゲームも好きです。しっかりと考えて経営していかなければすぐにゲームオーバーになるようなゲームもします。

ゲームが好きな人といえば、派手なアクションやFPSをしているイメージがありますが、私はシミュレーションゲームが好きという数が少ないタイプのゲーマーだと思います。